作品一覧チャイナ風ペアケープパーカーアランセータータイ付き紳士風


スピースで編んだアランセーターです。はっきり模様が出て、いかにもアランセーターらしい仕上がりになっています。アランの技巧をフルに使った、とても凝った柄なので、贅沢な感じがしますね。おそろいの模様で、色違いのサマーセーターを編むと素敵かもしれません。わんこと一緒に楽しみましょう。



出来上がり寸法(cm)
 首周り:24.0 前側の長さ:15.0 背中側長さ:25.0 袖の長さ:3.0
 袖から袖の間:14.0 袖周り:14.0 後ろ身ごろ幅:25.0
使用糸 2005年春夏糸
 スピース:No.52-110g
使用針
 棒針5号

スピースを3本どりにすることで、程よい光沢と編みやすさを兼ね備えることが出来ました。丁度並太程度になるので、すいすい編んでいけます。
前と背中側を棒針で編みます。前の裾の部分は、別鎖を全部の目数分編んで、左の下から、毎段1目ずつ増やしながら編んでいきます。裾の段数が編みあがったら糸を切って、同じ要領で右下を編みます。同じ段編めたら、その後は普通どおり前身ごろを編み進みます。このとき、無理でなければ模様も入れましょう。難しい場合、メリヤス編みだけでも大丈夫です。次に右の肩口をとじて、右袖口を編みます。右袖口から下の右脇をとじて、衿、裾のゴムを編みます。衿のゴム編みから左の肩口をとじて、左袖口のゴムを編み、左脇から裾ゴムをとじて出来上がりです。前裾はまっすぐ斜めに編んでありますが、ゴム編みに引っ張られる形で自然にカーブがつきますよ。


 編み図(PDF形式)のダウンロード
編み図をご覧頂くためには、Adobe AcrobatReader 3.0以上が必要です。

制作ついてのお問い合せは info@ami-itoya.com まで






ローズヤーン 並太

冬用アランセーターを編む場合、ローズヤーンのNO.44、NO.49を2本どりで編むとほとんどイメージと変わりないものが出来ます。並太を使用すれば1本どりで編めますよ。カラーはお好みですが、NO.7やNO.8のブラウン系、NO.13やNO.15、NO.16等のはっきりした色や、生成りも素敵ですね。


前面


背中


模様

 
▲ページの先頭に戻る
Copyright (C) 2005 AmiAmi. All Rights Reserved