トップへ戻る




■CHIDORI
機械編みの大きな作品が目を引きます。リアルなブルドックが編みこまれたチャコールグレーのベストがとても可愛い!!白の4目ゴム編みに、マルチカラーのファーをトリミングしたジャケットは若者向けのファッション誌に載せたら大人気間違いありません!



■ただ・にっと
大きなワンピースから、ベスト、小物まで多彩です。直線編みを効果的に配置したピンクのワンピースと、ひし形モチーフと肩から下がる大きなボンボン付きマフラーが印象的なブルーのツーピースの2点が目を引きました。かぎ針編みのモチーフをパッチワークした子供物も、とてもキュートです♪




■Knit Studio "HA−Na"
シックな色合いの可愛い作品がいっぱい!帽子、コサージュ、キーリングやストラップなど、気軽に使えるものがたくさんです。細編みの羊のコインパースもかわいいです。ビーズやボタン等の使いがとても上手で真似したくなる作品ですね。



■ITSUKO
色あわせがポップで見ていて楽しくなる作品です。大胆なテクスチャーの糸を使って、個性的に仕上がっています。細いコードを縦につないだボディラインを強調するワンピースがひときわ目立ち、心に残りました♪



■MAGLIERIA.HIRO
ビクトリア調の金糸のレースをベロアのバッグに縫い付けたもの・持ち手・がま口等、異素材との組み合わせが面白い!!ゴージャス感があってかなりおしゃれです。



■PARTY ROOM
カラフルな小物類が、おしゃれです。でも、懐かしい雰囲気もあります。たくさんのかわいい帽子や、ちいさな熊のぬいぐるみ・タッセルやボンボン・ボッブル編みやリボン使いなど、元気がでる作品達です!



■WOOLNUTS’
5色のマーガレットがまず目を引きます。草木染めのおしゃれな糸は、発色もきれいです。ドライブ編みのマフラーや、藤編みのカーディガン等、シンプルながら糸のよさを引き立てるステキな作品。




Q1 最近のニットブームについて

A1 実際活動している私たちは、それほど変化はないのですが、秋のはじめからマスコミにいろいろと取材していただきました。ニットカフェにお客さんが来ていたり、今回のようにニットアウトを開催すると、たくさんの人が来てくださるので、少しはブームなんだな、と思います。特に、若い人がニットに興味を持ってくれるのはうれしいことです。デジタルの世界で生きていて、スピードや効率ばかりを求められることが多いためか、のんびりゆっくり編む作業に没頭したくなる人が出てきたのかな、とも思います。

Q2 編物始めたいと思っている方にメッセージを・・・

A2 編み物はむずかしくありません。間違えてもほどけるし、伸びるからサイズもそれほど気にしなくてもいいし、かぎ針1本あれば、気軽に始められます。
ウールの手触りは暖かくて、心まで温めてくれます。手編みの少し不ぞろいな編み目も、心をなごませます。自分の好きな色や好きな素材で編めるし、
既製品にはない自分だけのオリジナルができます。編んでいる途中のプロセスも楽しいし、完成した喜びも味わえます。ニットアウトや、ニットカフェがあったら、ぜひ参加してみてください。編み物友達ができれば、もっと楽しく編めますよ。

Q3 今後の活動について

A3 今後も年に2回の定例の展示会を続けていきます。また、常に楽しいイベントができないかと考えているので、おもしろいことを思いついたら、どんどん実行して行きます。これからは、ニットファクトリーの活動を知っていただき、作品を多くの人に見ていただきたいです。将来は、日本だけではなく、海外でも展示会を開いてみたいです。ニットは自分を表現できるアートです。繊細なレースから、モコモコのものまで、すべて1本の糸から表現できます。1本の糸から、無限の可能性が広がっています。これからも良い作品を作り、ニットの価値を高めていきたいです。




-珊瑚-

このような展示会が、メディアや人の目に触れる事で、少しずつ一歩一歩着実に、浸透していくことを心から望みます。編物だけではなく、パッチワークやビーズワークといった、手芸全般と共に手作りの良さ、楽しさをコミュニケーションと重ねて人の和が出来るとすばらしいと思います。
ニットファクトリーに参加する皆さん、これからも楽しく続けていってくださいね!ステキな展示会ありがとうございました!

<前のページ 「KNIT FACTORY Vol.7」 取材レポート 1 2       

↑ページの先頭へもどる

(C) AMIAMI