トップへ戻る


ニットデザイナー仲間が集まって出来た新進気鋭のニットファクトリーさんが、7回目となる「KNIT FACTORY Vol.7」を開催するにあたり、AmiAmiも微力ながら糸の提供という形で、お手伝いをさせて頂きました!



KNIT FACTORYさんとは、ニットデザイナーのスペシャリスト達が、今までの常識にとらわれない新しい発想でニットの仕事をしていくため、協力し合いそれぞれの活動を助け合ったり、今回のように合同で展示会を開いたりと、幅広い活躍をされている皆さんです!現在は、北海道から九州まで24人のメンバーで頑張っています!

KNIT FACTORYホームページURL:http://www.knitfactory.com




AmiAmiが取材したのはちょうど2日間のみ行われたニットアウトの日の為、朝からお客様が並び、大反響です。ちょうどTV局の取材も入っていました。 10人づつ5回に分けて1時間交代でのニットアウトです!
皆さんとても楽しそうに生き生きとした顔で、AmiAmiより提供した糸を使用して真剣に編物に耽っています♪(テーブルには見本帳まで置いて下さってニットファクトリーさんありがとうございます。)




展示会の様子をご紹介します。 Vol.7のテーマは『RUSSIA(ロシア)』です。
今回は、ロシアや、ビクトリアン調の洋服が流行っていることもあり、テーマ「ロシア」となったそうです。
北の大地をイメージした、白を基調としたモノトーンの作品が多いです。その中に国のイメージカラー、赤を効かせたものも映えています。
作家さんによってさまざまですが、ロマノフ王朝風の横顔をレリーフのように表現した棒針編みの作品や、雪のようなかぎ針編みのショートポンチョ、黒に、ステンドグラスを思わせるスパンコールを効かせた6角形のモチーフをはめ込んだ大振りのポンチョなど、ロシアのイメージをダイレクトに編地や形に表現されたものに心を奪われました。小物類も、シックな色合いのものが多い中、マトリョーシカを模した編みぐるみ(小物入れ)の可愛いさがたまりません♪


■それでは、それぞれの作品を見てみましょう!

かぎ針のかわいい衿 葉っぱが印象的なバック かぎ針編みのカラフルなボトル入れ

花柄のクラッシックなベスト ちょっとハードな
ビニールチューブバック
可憐なピンクドレス

AmiAmiでも取り上げたことがある
わんこニット
幾何学的なモチーフバック 細かい編みこみのポンチョ

大胆なニードルワークベスト ピンクの優しい小物入れ


       「KNIT FACTORY Vol.7」 取材レポート 1 2 次のページ>

↑ページの先頭へもどる

(C) AMIAMI