洗濯情報のトップへ戻る

『どのくらいで洗う???』

洗うべきか、まだ大丈夫か???

気温が下がって、コートやジャケットが必需品の季節。
結構たくさんのものを着てるのに、それに汗をかく夏場と違い、衣類の汚れが目立たなくなる季節。
最近では、衣料品も、価格が下がってきて、数度のクリーニングで購入価格を超える、な〜んてことも(笑)

そう考えると、クリーニングする時期を躊躇してしまいがち。
なんだかもったいなくて?。。。これは無理もない事ですよね

で、まず考えたいのは、なぜ洗うのかということ。

『洗う(クリーニングする)』という事は、単に汚れを落としたり、シミを落としたりする事だけではないのです。
洗う事はもちろん、シワやバイ菌や臭いを取ることも含まれます。
衣類をできるだけ良い状態に保ちたいと思ったら、マメに汚れを落とす事。。。ということになりますね。

次に、汚れという点から考えて見ましょう。
そもそも『汚れ』ってなんでしょう???(笑)

体から付く、汗、皮脂、垢などのほか、外から付く食べこぼし、空気中のホコリ(排気ガスのばい煙など)なかなか侮れませんねぇ。

ここで考えられるのが『白い服だったら?』ということですね。

実際に白い衣服を着て、どれくらい汚れるものなのか調べたら
5日間で衿・袖口はうっすらと汚れ、クリーニングで回復可能
10日間では黒ずんだ状態で、普通の洗濯では回復できないようです。
それに、着用期間が長くなれば、汚れの酸化が始まって、臭いが(ウッ…)

『汚れがひどくならないうちに』洗う。
これが衣類のためにも正解♪

では、ウールのセーターや、皮製品は???
そう頻繁に洗ったら、かえって。。。
これらのお手入れついては、次号以下、好ご期待 (^_-)☆


(C) AMIAMI