洗濯情報のトップへ戻る

水を使うのにどうしてドライ?

ドライ用洗剤の普及で、家庭でドライマーク衣料を洗う人は増えています。
が、それに比例して?縮み型崩れ、色落ちなどの失敗の経験も増えています。
ちなみに、わたしも失敗の経験があります(笑)

これは、そもそもドライ用の洗剤を使った家庭での洗濯とドライクリーニングは全く違うものだからです。
 
文字からも分るとおり『ドライ』と言う言葉は『乾いた』とか『水気のない』という意味ですよね。
水を使って洗うと縮んだりする素材を、水を使わずに『溶剤』を使って洗う洗い方がドライクリーニングです。

ですから、そもそもドライ用洗剤も、家庭用洗濯機のドライのコースボタンは、『ドライ』洗いではなく『水』洗いだということです。

また、ドライマーク用の洗剤も『ドライ洗剤』と『おしゃれ着洗剤』がありますが、仕上がりには大差がないようです。洗剤が高めですから洗い桶での漬け置き洗いや手洗いをおすすめします。もちろん、もみ洗いは禁物ですよ!

また、ウールや、シルクはアルカリの影響を受けると生地が傷むので、中性の洗剤を使いましょう。
ドライ用の洗剤の中に、弱アルカリ性のものがあるので注意書きを良く見て、確かめて使ってくださいね。

失敗したら、それは自己責任になりますから、それらのプラス面とマイナス面をよく考えて、裏地があるようなもの、仕上げが重視されるようなものは、無難にクリーニング店に頼むほうが良いのかもしれません。

いずれにしても、衣替えで仕舞う前に汚れを落としておくことは大切な衣類を、長く使うための大きなコツの一つです。
自分に合った方法で、汚れを落として、次のシーズンも楽しく着れますように(^^)


(C) AMIAMI