洗濯情報のトップへ戻る

衣替えの季節です 
   
さて、今年も衣替えの季節ですね。
もう終わられた方もいらっしゃるかもしれませんが。。。(^^ゞ

クリーニング屋さんに頼むか、自分で洗うか。。。   
最近では、ドライマークも家庭で洗えるという洗剤が幾つか市販されていますが、本当に大丈夫なのかでしょうか?

失敗しない第1のポイントは、洗剤の使用説明をまずはしっかり読んでください。洗剤によっては、洗える素材が限定されている場合もあります。
洗濯表示マークを確認して、洗えば、まず大丈夫でしょう。

特に、以下のことは特に注意したいことです。
1:混紡の場合、弱い素材のほうにあわせて洗濯しましょう。
コットン>麻>羊毛>獣毛(アンゴラやカシミヤ等)>シルクの順で弱い繊維です。
     
2:つけ過ぎ、こすりすぎ、脱水しすぎに注意!
色落ちの原因になったり、羊毛の場合フェルト化して縮んだり型崩れの原因になったりします。色物の場合、念のため目立たないところで色落ちしないか試しておいたほうが良いでしょうね。特に綿や麻(リネン)は色落ちしやすい素材です。濃い色物と薄い色物は一緒に洗わないことも大切なことですね。     
     
3:干す時は、風通しがいい半日影で平干し。。。が基本。
市販のネットを使うと一番良いですが、ない時はスノコを使ったり、ハンガーにタオルなどを巻いて、袖は肩にかけてすそは別のハンガーにかけたりすると、伸びるのを最小限にとどめることができるでしょう。

次に、綺麗になったセーターの保存。

衣装ケースに、防虫剤を入れて保存しましょう。防虫剤の効果が長続きするように、できるだけ、きっちり蓋の閉まる衣装ケースに入れましょう。もちろん、防虫剤の種類を混ぜて使わないように!
防湿剤も一緒に入れると、カビ防止になりますが、防湿剤の液体が漏れたりしないように気をつけてください。

細かなことは、もっとたくさんありますが、今回はここまで。。。。。
   

(C) AMIAMI