衣類トラブルのトップへ戻る

伸びを防ごう

お気に入りのセーターを、気をつけてお洗濯して、上手くいったと喜んでいた矢先、あらあら、乾いたセーターは伸びきっていてがっかりした。また、着ようと思ってクローゼットから出したセーターやカーディガンが伸びていてがっかりした。そんな経験はありませんか?これは干し方や保管の仕方の間違いによるトラブルです。でも、商品によっては伸びないし大丈夫なものもあるような気もする。。。そうお感じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

なぜこんな事になってしまったのでしょう?
まず、洗濯乾燥のときの伸びは、本来"平干し"をしなければならないのに、水分を含んだ状態で"吊り干し"をしたので、繊維自体の重みで伸びてしまったのです。また、"たたんで保管"しなければならないものを、"ハンガーに掛けて保管"したために、製品自体の重みにより、だんだん丈が伸びてしまったのですね。

編み物はもともと伸びやすく、そのことが編み物の魅力です。ただ、気をつけないと逆に伸びすぎてしまうという事もあるのです。時にはカットソーの製品やスウェット製品にも見られます。素材的には、綿、麻、アクリル、レーヨンなどでゆるく編んであるもの(ローゲージといわれる作品)に起きやすいようです。これらの素材は、水分を含みやすくそのため濡れた場合重くなりますし、ゆるく編んであるため、力がかかった方向に繊維が動き伸びやすくなるのです。また編み方向が地面に対して横になっているもの(横編みの作品)にも多く見られます。編み地の特性として、縦よりも横方向に伸びやすいので、横編みの作品はさらに伸びやすい作品と言えるのです。そして、素材の使用量が多くなる、セーターや、ワンピースなどの作品に多く見られます。

では、洗濯や保管の時に、伸びを防ぐためにはどんなことに気を付けたら良いでしょうか?そう、お気付きでしょう。横編みの作品や編み目の粗い(ローゲージ)のニットなどを家庭で洗うときには、形を整えて平干しをするようにしましょう。専用のドライネットというものもありますが、スノコや綺麗に汚れを落とした網戸(注意:網戸は意外と汚れていますから、そのままでは使えません!)なども使うことが出来ます。保管するときにも、ハンガーに掛けて保管するのではなく、衣装ケースやタンスなどに平らに置いて保管しましょう。

また、カシミヤやアンゴラのアンサンブルニットは、軽いので大丈夫と思ってハンガーに掛けて保管していると、肩の部分にハンガーの型が残って、着用したときにツンと飛び出てしまったことがあるかもしれません。これも一種の伸びと言えます。一部の伸びの場合、アイロンで形を整える事も可能かもしれませんが、戻らない場合もあるでしょう。軽い素材の製品でも、充分気をつけてくださいね。

(C) AMIAMI