衣類トラブルのトップへ戻る

毛玉・・・なぜできる?どうしたら良い???

セーターやカーディガン。。。長く着用していると、どうしても出来てくる『毛玉(ピリング)』でも時々、まだ数回どころか2、3回しか袖を通していないのにたくさんの毛玉が出来て驚いた経験がありませんか?確かに、使われている素材によっては、毛玉が出来やすいものがあるのです。

では、どうやって毛玉ができるのでしょう?それは着用中の摩擦によるものが大半です。摩擦によって、繊維の先端が表面に毛羽となって浮き上がってきます。そしてさらに摩擦を受け、浮き上がった毛羽同士が束になり絡まって毛玉になっていきます。それで、特に摩擦の大きい脇の内側や袖などによく見られるわけです。また、洗濯中の摩擦によっても同様のことが起き毛玉が出来やすくなりますので、洗濯も気をつけなければいけません。また、何かに引っ掛けて引き出された毛羽が絡まって毛玉が生じる事もあります。

特に毛玉が出来やすいものには、アクリル100%のものや起毛素材のもの、アンゴラ素材のもの、毛と化繊の混紡のものなどがあります。摩擦で静電気が生じ、浮き上がってきた毛羽が絡まりやすくなるからだと考えられます。また、撚りの甘い素材の製品は、毛羽が出やすいので、毛玉ができやすいといえるでしょう。さらに、カシミヤやアンゴラなどの獣毛は繊維がデリケートなだけではなく、特にアンゴラは繊維が短いため、わずかな摩擦でも繊維が引き出され毛羽になり毛玉になりやすいものといえます。

摩擦は、繊維同士が擦れ合うと起きるものですから、どうしても避けては通れません。ただし、ちょっとした注意で長く綺麗に着用する事が出来ます。着用後ブラッシングをかけるなどちょっとした手間を掛けてあげましょう。風合いが長持ちしますよ♪

でも、長く着用すればどうしても毛玉も出来やすくなりますね。では、出来てしまった毛玉はどうしたらいいでしょう?良く『つまんで取る事が出来ます』と言う説明を耳にしますが、つまんで取るとさらに繊維が引き出され、次の新たな毛玉につながります。それで、正しい毛玉の取り方は、毛玉の部分の根元をハサミで切り取る事です。この場合、もちろん生地(編み地・織り地)を切らないように気をつけなければいけません。毛玉取り機などを使っても良いでしょう。ただし押し付けすぎると生地(編み地・織り地)に穴をあけてしまうこともありますので、気をつけましょう。

毛玉も味のうち。。。と考えるのも良いですが、毛玉をとれば見違えるように綺麗になります。お気に入りだからこそ、ちょっと手間をかけて長く愛用したくさん思い出を作りたいものですね♪

(C) AMIAMI