衣類トラブルのトップへ戻る

『起毛素材にご注意!』

皆さんおそらく1点はモヘアなどの起毛のセーターなどをお持ちでしょうね。
セーターでなくても、起毛のトレーナーとか。

ある夜、照明を落としたレストランでのこと食事中の女性が突然炎に包まれた!
いったい何が起きたのだと思われますか?

怪奇現象でも、たたりでもありません。
テーブルの上のロウソクの火がセーターの毛羽に瞬間的に移ってしまった『表面フラッシュ現象』別名ファイヤーフラッシャーというものだったのです。

綿、麻、レーヨン、またはそれらの混紡素材の起毛品は表面フラッシュ現象が起こりやすいといえます。
毛羽の長い製品は特に注意が必要です。
これらのある程度長い起毛製品やパイル製品を火の気のあるところで使用もしくは着用する場合は、注意が必要ということになります

また、衿や袖口などに、フリルやファー素材での装飾物の多いデザインや、ドルマンスリーブ、ベルスリーブなどの袖のたっぷりした衣類にはなお一層注意してくださいね。
チョットしたはずみで火が触れる事があるからです。

表面フラッシュ現象自体は、瞬時の事とはいえ髪の毛やまゆなどを焦がしたり、時には火傷したりすることもあります。
でも、もっとも恐いのは、炎が衣類に移ったときのショックで、手に持っていた鍋やフライパンなどをひっくり返して更にひどい火傷など二次災害に合う事です。
  
起毛素材を着たまま、キッチンに立つときには起毛素材を使っていないエプロン、アームカバー、袖まですっぽり包んでくれる割ぽう着を着用すると安心です。

洗濯や着用の繰り返しによって、起毛素材使用の衣類の繊維表面にたくさん毛羽が立って 表面フラッシュを起こす事もあります。

楽しむために、お気に入りの服を着ているのですから、とんでもなく、恐い思いをしないために、頭の片隅にでも、チョット入れて置いてくださいね (^_-)b


(C) AMIAMI