保存情報のトップへ戻る

『アクセサリーの手入れ』

おしゃれの重要なアイテムであるアクセサリー。素肌につけるアクセサリーもたくさんありますね。
 
アクセサリーの中には、汗や脂がついたままにしておくと変色してしまって、使い物にならなくなるものもあります。ということで今回は、アクセサリーの簡単なお手入れ方法をご紹介♪
  
  
まず基本中の基本は、使った後は必ず拭くということ。そのとき、ベルベットなど柔らかい布を使いましょうね。金属の場合、使用直後は目立たなくても、しばらくしたらびっくりするほど変色していた。。。なんていうこともあります。

純金なら大丈夫?いやいやそんなことはありません。
金そのものは変化しなくても、表面の汚れはやはり付いているもの。そのために、黒ずんで見えたり、長く放って置くと落ちにくくなり、元に戻す事が、難しくなってしまいます。
それに、みんなの憧れのダイヤモンド
実は脂がとっても好きだってご存知でしたか?使いっぱなしているうちにどんどん輝きが鈍くなります。こまめに拭いて、輝きを保ってください。
  
  
では、今までお手入れを怠っていたらどうしましょう。
ガラスや合成樹脂のものは、一度水洗いをしてみましょう。中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、柔らかいブラシなどで洗います。汚れが落ちたら、水ですすいで柔らかい布で拭きあげます。
  
ダイヤルビーサファイア水晶も洗えます。
ただ、このとき注意するのは、必ず容器の中で洗う事!流水で洗っていて、うっかり排水口へ。。。なんて泣いても泣ききれませんからね。
  
  
水洗いをしてはいけないものが真珠、トルコ石オパールエメラルドです。これらは、絶対に水洗いをしてはいけません。
これらの宝石は水を吸いやすく、いったん吸収した水分を、発散させるときにひび割れを起こしやすくなるので、注意が必要です。また、酸にも弱いので果汁、酢の入ったドレッシングなどにはじゅうぶん気をつけて!


真珠は時々、オリーブオイルを布に含ませ軽く拭くのもよい方法です。ネックレスの通しの糸は、時々購入したお店で見てもらいましょう。もし、家庭で応急処置をする時は、両面テープを使うと便利です。
テーブルの上に、ネックレスより長めに両面テープを貼り付け、テープの上に順序良く並べます。粒が固定されているので、楽に糸を通す事ができますね。
  
  
さてさて、しまうときに、箱に放りっぱなし???
仕切りのあるクッキー缶を利用するのも一つの方法ですね。他にも、卵のパックカメラのフィルムケースなどなど、たとえ安いアクセサリーでも、丁寧に扱ってあげてくださいね。
  
美しいものを美しく♪そんな心遣いができるあなたはさらに美しい。。。なんちゃって(*^-^*)

(C) AMIAMI