珊瑚のチャレンジ道場のトップへ戻る


編み物って肩がこりますよね!!
初心者の私は新しいことにチャレンジするたびに緊張も加わり肩がガチガチになります。
村長のみぃさんもかなりの肩こりで悩んでいるらしいです。
ということで 今回は珊瑚がよくやっているストレッチ方法を紹介します。



一般のタオル1枚用意します。
タオルを斜めに背中に回して、タオルの端と端をつかみ背中をこするように上下にゆっくり動かします。痛みがある場合は痛い方の手を上にして痛みのない方の手で引っぱったり力を緩めたりすると、痛む方の関節も動かす事が出来ます。
再発予防として上下の手を変えて両方とも行うといいでしょう。

タオルを背中に回して斜めに持つ。 痛みのない方の手で引っぱったり力を緩めたりする。



珊瑚はよく鉄アレイを使用するのですが、おもい鉄の塊のようなものならなんでもかまわないです。たとえば、アイロンとか、ポットとか・・・・
テーブル等の台のそばに立ち痛む側の手におもりを持って、上体を前に傾け、反対側の腕を台について体を支えます。肩の力を抜いておもりを下げ、ゆっくりと振り子のように前後に振ります。最初は小さく振り、だんだんと大きく振っていきます。


肩の力を抜いて、おもりをゆっくりと前後に振る



同様におもりをゆっくりと左右に振る





目が疲れたときに珊瑚が良くやっているのが、目元から、こめかみ、額、髪の生え際のあたりを温める事です。
目元の筋肉は、こめかみや額などの筋肉とつながっているので、目の疲れと共にこの部分の筋肉硬直したり血行が悪くなったりしがちです。
温める方法は、目を閉じて蒸しタオルをのせるとか、市販の温感が持続する専用のアイロピーを使ったりいろいろします。
最近よくやるのは、手のひらをつかって全体をおしほぐすようにする方法です。手のぬくもりで温まるし、マッサージ効果で疲れた筋肉がリフレッシュします。仕事の合間などにやると気分転換にもなって効果的です。




<ポイント>
目の周りの骨のくぼみに沿って指圧するのも、目元の血行促進に効果があります。
目頭の上から始め、目の上、目じり、目の下、目頭の下と、眼球をぐるりと取り囲むように指圧していきます。力が入り過ぎないように、中指や薬指で行うのをお勧めします。


↑TOPへもどる


(C) AMIAMI