針の持ち方とかけ方
編み方の基礎
3種類の編み方


 ガーター編み メリヤス編み 1目ゴム編み

※注意:<独学の場合のちょっとした落とし穴>
針にかかっている目の向きにも気をつけて、編み方図を見てください。
目の向きが間違っている(実は前段での糸のかけ方が間違っている事が多い)と、編む時の針のいれ方、糸のかけ方が正しいように思えても、編目が間違ってしまう事があります。



表から編む段も裏から編む段も、表目だけを編む編地です。
表面裏面共に
編目の手前から針を入れます。
糸をかけて引き出します。

↑TOPへもどる



表から編む段は表目を編みます。裏から編む段は裏目を編む編地です。
表面(表目)
編目の手前から針を入れます。
糸をかけて引き出します。
裏面(裏目)
編目の向こう側から針を入れます。
糸を手前から巻きつけるようにかけて向こう側に引き出します。

↑TOPへもどる



裏目と表目を1目ずつ交互に編む編地です。
表面(表目)
表目を編みます。
裏目を編みます。
裏面(裏目)
表目のところは表目で編みます。
裏目のところは裏目で編みます。

↑TOPへもどる


(C) AMIAMI